〒700-0013 岡山市北区伊福町3-31-10

駐車場7台・カウンセリングルーム・チャイルドコーナーあり

TEL:086-214-5607

染対策

岡山市 歯科 さくらデンタルクリニック|インプラント,審美歯科,歯周病,矯正,歯列矯正

活動報告
著書
さくらデンタルクリニック 歯周病・インプラント専門サイト
病院まちねっと
 
お問い合わせ
Mobile Site

診療カレンダー


終日休診
午前休診
午後休診

患者様にお願いしたいこと

①来院時の検温・問診のお願い

ご来院の方には、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点より、検温と問診を実施しております。
入口に、手のひらで検温できる測定器と、足踏み式の消毒液スタンドがございます。
ご来院の方は、付き添いの方も含めて、検温と手指の消毒を行っていただいております。

また、問診票には、「基礎疾患があるかどうか、風邪に似た症状があるかどうか」「強いだるさや息苦しさがあるかどうか」や「味覚・嗅覚に異常がないか」などのご質問をお伺いしておりますので、ご協力よろしくお願いいたします。
なお、 37.5℃以上の発熱及び、咳症状や倦怠感、味覚や嗅覚異常などがある患者様の場合や、体調が良くない場合には、ご予定を変更していただけないか、ご相談させていただいておりますので、あらかじめご了承ください。

マスクの着用、咳エチケットとあわせ、ご来院いただく際にはご協力いただきますようよろしくお願いします。

②靴底消毒についてのお願い

当院では、手指消毒のほか、入口にマットがありますので、靴底の汚れを落としてからお入りいただいております。落下した飛沫に含まれるウイルスをマットでキャッチさせることで感染力を抑制するための対策として、靴底の汚れ落としもお願いしております。

③治療開始前のうがいの実施のお願い

診療前に患者様全員にイソジンのうがい薬での消毒にご協力を頂いております。
なお、妊娠されている方、小さいお子様には、アレルギーをお持ちの方につきましては、治療前にコンクールFという歯科用うがい薬でお口の中を消毒して治療を進めております。 コンクールF(医薬部外品)は、虫歯・歯周病の予防やお口の中を高い殺菌力で長時間の持続効果が期待できます。

当院の新型コロナウイルス感染対策の取り組み

①受付での飛沫感染防止対策

受付にアクリル板でのパーテーションにより、患者様同士のソーシャルディスタンスを保っております。

②待合室での各種飛沫感染防止対策

待合室では、患者様同士のソーシャルディスタンスを保つため、椅子ごとにパーテーションを設置し、雑誌、新聞は撤去しております。

③感染防護具の使用とゾーニングの実施

当院では、マスク、フェイスシールド、ガウンを身につけ、患者さん一人一人が接触しないようディスポの製品をフル活用し、より感染リスクを下げていく対応をしています。また、口の中を触る時は、一人ひとりグローブを付け替え、口の中を触れた手で決して共有物やスペースを触ることのないよう、手指の消毒を徹底しております。清潔区域と不潔区域を明確に区分けしております。

④ユニットや共用設備の清拭による滅菌・除菌

患者様お一人ごとにユニット台の清掃、除菌の徹底をしています。また、数時間おきに、トイレ、受付、カウンター、手すり、いすなどをアルコールで清拭しています。

⑤「自動CO2センサー」を利用した定期的な換気

当院では、空気清浄機を通路などの共用スペースに2台、診療室にも1台設置して、キレイな空気を院内に届けるだけではなく、クラスター感染を防ぐための対策として、換気状況を客観的に確認できるように「CO2測定器」を設置し、院内の二酸化炭素濃度を測っております。
「CO2測定器」の働きにより、換気の悪い密閉空間が作られないよう適時適切に窓を開けて換気を行っています。なお、換気の際には、窓を開けて空気を入れ替えており、室温を保つことが困難ですので、ご来院の際には、温かい恰好でお越しいただくか、体温調節のできる羽織ものなどをご持参ください。

⑥オゾン水を使用した除菌対策

当院では、患者様の手洗い・うがい、歯を削る時に使用する水として、ウイルスや細菌に対して有効なオゾン水を使用しており、新型コロナウイルス対策はもちろん、当院は常に院内感染予防を徹底し、安全性の高い診療環境の維持に努めております。

⑦エアロゾル対策

治療中は口腔外バキュームを使用し治療中の感染予防対策を行っております。

⑧各種治療機器による滅菌対策

当院では、オートクレーブや、ハンドピース用滅菌器、タービン滅菌器、超音波洗浄器を導入し、滅菌対策を徹底させています。

⑨医療スタッフの感染対策の徹底

スタッフは出勤の際には、各自検温を行っております。また、スタッフのみが立ち入るスペースでもパーテーションの設置や、休憩管理の方法を工夫し、密にならないようにしています。

当院の感染予防対策設備

CO2測定器

コンパクトで高性能な二酸化炭素濃度測定器で、空気中の二酸化炭素の高精度に検出し、適切に換気ができているかを確認するための装置です。1000ppmを超えたときには、音や表示で濃度がわかります。

オゾン水生成器

アルコールと同等の滅菌作用を持ち、皮膚にやさしく、肌荒れしにくい特色を持つオゾン水を総合的予防対策として導入しています。

歯を削る時・歯石を除去する際や、洗面所・ユニットでの手洗い・うがい、診療器具の消毒などの多方面にオゾン水を活用しています。

プラズマクラスター空気清浄機

院内の空気を清潔に保ち、ウイルス等感染対策やホコリやアレル物質の付着防止のため、プラズマクラスター搭載の空気清浄機を設置しております。

オートクレーブ(全自動高圧蒸気滅菌器)

当院では「オートクレーブ」という高圧蒸気滅菌器で、器具の滅菌をおこなっています。2気圧、135℃の蒸気により、ウィルスや細菌を不活性化させます。

タービン洗浄器

当院では、タービン(歯を削るドリル)は使用毎に洗浄・減菌処理を行っております。オイルと空気を同時に送ることで、目に見えない菌や削りカスを洗い流すことができる機械です。

超音波洗浄機

超音波洗浄機とは超音波を発生させ、泡による衝撃波で水の分子を洗浄物にあてて汚れを落とす衛生設備です。手洗いでは洗浄出来ない細かな所まで洗浄・消毒します。

ページの先頭に戻る