〒700-0013 岡山市北区伊福町3-31-10

駐車場7台・カウンセリングルーム・チャイルドコーナーあり

TEL:086-214-5607

防歯科

岡山市 歯科 さくらデンタルクリニック|インプラント,審美歯科,歯周病,矯正,歯列矯正

活動報告
著書
お問い合わせ
Mobile Site

予防歯科について

歯を虫歯にさせないためには正しい歯磨きの方法とプラークコントロールが重要です。
歯周病の原因は、虫歯の原因と同じくプラーク(歯垢)です。歯茎の周りにプラークがたまり、プラークが細菌に感染することによって歯肉が炎症を起こして腫れ、歯肉炎を起こします。
歯周病が進行すると歯茎の腫れがひどくなり、歯と歯茎の間に歯周ポケットと呼ばれる隙間ができます。
また、炎症が歯槽骨や歯根膜まで及び、歯茎から膿が出たり、歯茎がやせて下がってきたり、歯がぐらついてきたりします。
歯周病がさらに悪化すると、歯槽骨が溶けて歯のぐらつきがひどくなり、食べ物が噛むことができなくなって、最後には歯が抜け落ちてしまいます。
歯を健康に保つために何よりも大切なのは「虫歯にしないぞ!!」という患者様自身の気持ちです。
その気持ちさえあれば毎日の歯磨きも頑張れるはずです。
定期的な歯科健診も忘れずに行くようにしましょう。

予防中心型の歯科医療が大切です。

日本では、痛くなったときだけ歯科医院を受診していました。しかしその結果、残念なことに80歳で平均8本しか自分の歯が残っていません。総入れ歯の人の割合は30%もいます。
一方で、歯の先進国北欧では最低3ヶ月に一度、歯の定期的な検診を行っています。その結果、80歳で25本自分の歯が残っていて、入れ歯の人の割合はたった1.7%です。

予防中心型の歯科医療を実践すれば、高齢になってもより多くの自分の歯が保てます。このことによっておいしく食事ができ、楽しい会話やすてきな笑顔が保てます。そして、生涯にわたって健康で豊かな生活が送れます。

全身の健康のためにも自分自身の歯があること、特にしっかりかめるということが大切です。

O市の80歳以上の人の調査では、歯がたくさんある人ほど、また、歯が少ない人でも入れ歯を使っている人の方が健康で自立した生活が送れています。
例えば、自分の歯が9本以下で入れ歯を入れてない人が自分で歩ける割合は約40パーセント程度。これに対し、自分の歯が20本以上の人の約90パーセントが自分で歩くことができ、しかもその約80パーセントの人が仕事をしています。
同じデータの3年後の結果もショッキングです。
自分の歯が9本以下で、入れ歯を入れてない人は全員が入院か死亡。一方、20本以上自分の歯がある人は、ほとんどの人が変わりのない生活をしています。

歯の健康と全身の病気に対する医療費も密接に関係しています。

自分の歯の本数が少ない人ほど、1ヶ月にかかる全身の病気に対する医療費が多くなります。
また、歯周病の程度と全身の病気に対する医療費も関係があり、歯周病が重症になるほど医療費が多くかかります。特に歯が1本もない人は歯周病のない人の約2倍の医療費がかかっています。
このように歯は、全身の健康に密接に関係しています。生涯にわたって自分の歯の健康を十分に考え、しっかりかめるということは、健康で豊かな生活をおくる上でとっても大切なことなのです。
さくらデンタルクリニックでは、生涯にわたってお口の健康を維持するための予防中心型の歯科医療に取り組んでいます。



ページの先頭に戻る