〒700-0013 岡山市北区伊福町3-31-10

駐車場7台・カウンセリングルーム・チャイルドコーナーあり

TEL:086-214-5607

岡山市 歯科 さくらデンタルクリニック|インプラント,審美歯科,歯周病,矯正,歯列矯正

活動報告
著書
お問い合わせ
Mobile Site

骨の再生療法や歯肉の形成外科

歯周病の原因を除去するとともに個々の患者様にあった治療計画を作成します。
病状によっては歯周病で失った骨の再生を行い、より理想的な状態へ回復が可能です。
失った歯肉に対しても、歯肉の移植治療を行うことによって、元の状態へ回復が可能となります。

59歳 女性

before  
   
   
after  
   
すべての歯が歯周病におかされています。前歯の間に隙間があって、審美的にも大きな問題をかかえています。
骨の再生療法、歯肉の移植処置を行い、歯周病の完全治癒をめざしました。セラミックで修復し、審美的にもみちがえる状態に回復しました。

45歳 女性

before  
   
   
after  
   
すべての歯が歯周病にかかっています。プラスティックの前歯と銀歯で治療してあり、虫歯もあり、審美的にも大きな問題をかかえています。下の奥歯は欠損しています。
再生治療とインプラント、オールセラミックによる修復を行いました。奥歯でかめるようになるとともに審美的にも大きく改善しました。

40歳 女性

  • before

    右上の前歯に部分的に著しく骨の減少が見られます。
  • after

    特殊なタンパク質と骨を移植することによって、約9か月後、周囲と同じレベルまで骨が回復しています。

52歳 男性

  • before

    右上の前歯と小臼歯の歯肉が著しく退縮しています。
  • after

    歯肉の移植を行った結果、ほぼ正常な位置まで歯肉が回復しています。

26歳 男性

  • before

    左上の前歯の歯肉が著しく退縮しています。
  • after

    歯肉の移植治療を行い、正常な位置まで歯肉が回復しています。

60歳 女性

  • before

    左上の前歯に著しい骨の減少が認められ、進行した歯周病です。
  • after

    特殊な膜と骨を移植することによって、約1年後、歯を支える骨が再生しました。

48歳 女性

  • before

    進行した歯周病のため、左下小臼歯に著しい骨の減少が認められます。
  • after

    特殊なタンパク質と骨を移植することによって、約9か月後、周囲と同じレベルまで骨が回復しています。

54歳 女性

  • before

    右下の前歯の根が露出しています。
  • after

    歯肉の移植手術を行ない、正常な位置まで歯肉が回復し、厚みも増しています。

48歳 女性

  • before

    進行した歯周病のため、右下小臼歯に著しい骨の減少が認められます。
  • after

    特殊なタンパク質と骨を移植することによって、約9か月後、著しい骨の再生が認められました。

インプラント治療

インプラント治療とは、失われた歯を人工の歯根で回復する方法です。
従来のブリッジや取り外し式の入れ歯と比較して、健全な歯を削る必要がなく、違和感もほとんどありません。
当院では歯周病に対して十分な配慮を行ったインプラント治療をこころがけています。
また、すべての症例に対して、CTによる術前検査を十分に行い、安全、確実なインプラント治療を行っています。

60歳 男性

  • before

    虫歯と歯周病でほとんどの歯が抜け落ちています。
  • after

    義歯とインプラント治療によって、失った多くの歯が回復しました。審美的にもみちがえるように状態に回復し、食事もしっかりと噛めるようになりました。

40歳 女性

  • before

    歯周病が原因で、右上前歯を失いました。
  • after

    インプラント治療によって、となりの歯を削合することなく、自然で美しい歯に回復しました。

65歳 女性

  • before

    歯周病と虫歯によって残っている歯はたったの4本しかありません。
  • after

    すべての歯を抜歯して、6本のインプラントと12本のセラミックによって、完全に固定式の歯に回復しました。

60歳 女性

  • before

    虫歯と歯周病で多くの歯を失っています。
  • after

    義歯とインプラントの治療によって、失った多くの歯が回復しました。審美的にもみちがえる状態に回復し、食事もしっかりと噛めるようになりました。

47歳 女性

  • before

    右上小臼歯が欠損しています。
  • after

    インプラント治療を行うことによって、隣の歯を削ることなく、単独で自然な形態の歯を回復すること可能になります。

50歳 女性

  • before
  • after
  • インプラントを埋入するのに、十分な骨がない場合でも積極的に骨増生を行うことによって、より理想的なインプラント治療が可能です。

55歳 男性

  • before
  • after
  • インプラント治療にあわせて、歯肉の移植処置を行うことによって、インプラントと天然の歯の周囲に十分な幅の健全な歯肉を作ることができます。より清掃しやすい環境となり、インプラントが長持ちすることにつながります。

53歳 女性

  • before

    炎症を繰り返した結果、垂直的に著しい骨の欠損が認められます。
  • after

    特種な膜を用いて骨を移植してやることで、骨の増生が可能となり、理想的な位置にインプラントを埋入することができます。

52歳 男性

  • before
  • after
  • 副鼻腔が大きく上顎にインプラントを入れるだけの十分な骨のない患者さんでも、副鼻腔に骨増生を行うことによって、インプラント治療が可能となります。

38歳 女性

  • before

    右下の奥歯がひどい虫歯のため欠損しています。
  • after

    セラミックのかぶせとインプラントで治療することで、隣の歯を削ることもなく、自然な歯が修復できました。

オールセラミックと歯列矯正

23歳 男性

  • before

    歯の変色に加え、歯周病や、著しい歯列不正が見られます。
  • after

    矯正治療と歯の漂白、オールセラミックによる治療を行うことによって、非常に美しい口元が実現します。

40歳 女性

  • before

    左上前歯が自然脱落し、形態異常歯が萌出してきました。
  • after

    矯正治療とオールセラミックによる修復によって、歯の形態と位置異常が改善できます。

オールセラミック

20歳 男性

  • before

    事故により左前歯が破折しています。
  • after

    オールセラミックにより修復しました。天然歯と全く区別なく治療ができました。

35歳 女性

  • before

    約10年前に右上前歯にセラミックの治療が施されています。審美的に問題があります。
  • after

    オールセラミックによる修復とホワイトニングによって審美的に改善しました。

30歳 女性

  • before

    約10年前に左上前歯にセラミックの治療が施されています。審美的に問題があります。
  • after

    オールセラミックによる修復と歯肉の形成外科によって審美的に改善しました。

45歳 女性

  • before

    プラスチックの歯によって修復されています。色、形態とも不自然で、不適合のため、歯周病の原因にもなっています。
  • after

    歯周病の治療を行い、オールセラミックによって修復しました。審美的に大きく改善しました。

35歳 男性

  • before

    従来のセラミックのブリッジが破折しています。右上の前歯が少し長く、形態がアンバランスです。
  • after

    歯肉の処置を行い、左右の歯の長さを整えました。ジルコニアのブリッジにより審美的に修復できました。

50歳 女性

  • before
  • after
  • 奥歯の部分をオールセラミックの詰め物とメタルセラミックのブリッジで修復しました。

26歳 女性

  • before
  • after
  • 金属を使用しないことで、奥歯であっても全く天然歯と区別のつかない状態に回復可能です。

28歳 女性

  • before
  • after
  • グラスファイバーを利用した歯の土台とオールセラミッククラウンの修復によって、奥歯であっても、天然歯とほとんど区別が付きません。

メタルセラミックと歯列矯正

23歳 男性

  • before

    歯列のゆがみがあり、銀色の奥歯で、審美的な問題も非常に大きい状態です。
  • after

    歯列矯正を行い、メタルセラミックで修復しました。

メタルセラミック

62歳 女性

  • before

    合成樹脂のかぶせと詰め物で修復してあり、審美的な問題が非常に大きい状態です。
  • after

    メタルセラミックで修復し、審美的に大きな改善ができました。

ホワイトニング

26歳 女性


  • A

  • E

  • B

  • C

  • D
  • A. 治療前:上下の歯が全体的に黄色に変色しています。
  • B. 上の歯だけホームホワイトニングを行って6週間後。
  • C. 下の歯もホワイトニングを行って、全体的に色調が改善しました。
  • D. 患者様が歯列不正の改善も希望されたため、全体的に矯正治療も行いました。
  • E. 治療終了後。

19歳 男性

  • before

    左上の前歯に著しい変色がみられます。
  • after

    神経のない歯の場合は歯の内側から漂白を行い審美性を取り戻します。

28歳 女性

  • before

    過去に内服した抗生物質の影響で、著しい歯の変色が認められます。
  • after

    ホームホワイトニングを行うことによって、かなりの改善がみられ審美性が向上しています。

12歳 女性

  • before
  • after
  • 上下ともあごの大きさ対して歯の大きさが大きく、かなりがたがたになった歯並びです。
    上下4本の小臼歯を抜歯し、スペースを確保し、矯正治療を行いました。

10歳 女性

  • before
  • after
  • 上の歯のがたがたにくわえて、上の歯が出ている状態です。まず、小学生の間に上顎の成長をコントロールしました。
    その後、口もとの前突を改善するため、小臼歯を抜歯して、全体の矯正治療を行いました。

10歳 女性

  • before
  • after
  • 上の歯のがたがたにくわえて、上の歯が出ている状態です。まず、小学生の間に上顎の成長をコントロールしました。
    その後、口もとの前突を改善するため、小臼歯を抜歯して、全体の矯正治療を行いました。

8歳 女性

  • before
  • after
  • 下の前歯が上の前歯の前側に出ていて、いわゆるうけ口の状態です。ものを食べるときの飲み込み方も悪く、舌の動きの影響でかみ合わせが悪くなっている状態です。
    舌と飲み込み方のトレーニングを行い、上顎の成長をコントロールして、全体の矯正治療を行いました。

7歳 女性

  • before
  • after
  • 上の前歯が曲がってはえてきて、しかも、下の歯と交叉しています。永久歯の交換にあわせて、計画的な治療を行い、全体の矯正治療を行いました。

9歳 女性

  • before
  • after
  • 正しい飲み込み方ができず、舌が上と下の歯の間に入るため、上下の前歯がかみ合っていません。
    舌と飲み込み方のトレーニングを行い、全体の矯正治療を行いました。

ページの先頭に戻る